カタール航空のトランジットについて

2014年8月、会社の夏休みにてエジプト旅行に行った際に、安かったカタール航空を利用したので、その帰国時のトランジットについて書きたいと思います。

カタール航空はドーハに拠点を置く、中東の航空会社で中東の雄の1つです。また、2014年5月に新ハマド国際空港がオープンしたため、非常に新しく、注目を浴びている航空会社でもあります。

そんなことはドーハに着陸するまで知らず、ただ安かったために利用した小生ですが、(ルクソール行きの便が他になかったというのもありますが)ただただカタール空港の偉大さに感動するばかりでした。

さて、本投稿のテーマであります、カタール空港のトランジットですが、色々なサイトやブログで条件が記載されている一方、実際のところとは少し異なる点もあったため、下記に私なりの情報も記載しておきたいと思います。

その前に、通常カタール航空にて、トランジットホテルを利用できる条件としてどのような内容となっているか記載したい。

◯適用条件 (以下を全て満たしている場合に限る)

・8 時間以内の乗り継ぎ便が運航していない場合。

・乗り継ぎ時間が 8 時間以上、24 時間以内の場合。

・ アブダブ(AUH)/バーレン(BAH)/クウェート(KWI)/マスカット(MCT)発着便を含まない旅程。

また、条件として、ご利用運賃により、ホテルサービスをご利用いただけない場合があるとの記載があります。これは、いわゆる航空券の予約クラスによるもので、格安航空券といった部類の航空券は同じエコノミークラスの航空券でも低い予約クラスとなっており、一般的に正規割引航空券や正規料金での航空券といった順番で予約クラスが変わるそうです。

そして、このトランジットが利用できる予約クラスは下記となります。

◯適用になる航空券の予約クラス
エコノミークラス: N/ S/ V/ L/ M/ K/ H/ B/ Y
ビジネスクラス: I/ D/ C/ J

申し込み期限は航空券の発券後から出発の72時間前
出発72時間前を切った場合は事前のホテル手配ができません。ドーハ空港のアライバル・ターミナルにてお手続きください。

との記載があり、一応期限が定められております。

しかしながら、だからといって日本でこの事前のホテルの手配ができるかというと、疑問です。

もちろん出発時に羽田空港のチェックインカウンターのお姉さんにその点を聞いても手配はしてくれません。その際は、実際にドーハ空港にてお手続きをして下さいと言われます。

ですので、わざわざ日本からドーハのカタール航空に国際電話をかけてトランジットホテルを取るよりは、実際に帰りのトランジットの際にアライバルターミナルの受付のお姉さんに聞いてしまった方がいいということです。

用意できるホテルが一杯ということは、年末などはあるかもしれませんが、天下のカタール航空ですから、その点はなんとかしてくれるのではないでしょうか。

そのホテルの手続を行うアライバルターミナルというのは、着陸し、通常の乗り換えの乗客が免税店などがある空港内へ入ってく分岐のところにあります。意外と人が少ないので、間違って通りすぎてしまうと、私の場合のように20時間近くもある場合はそこで20時間過ごさないといけなくなりますので、要注意です。

アライバルターミナルでの手続きを終えると、イミグレに行けと言われ、非常に大勢の人が並んでいるイミグレを通過すると、ホテルの人が案内してくれ、数十分以内に、なんと高級ホテルへ案内してくれます。

私が案内されたホテルは「Retaj Al Rayyan」という4つ星ホテル!エジプトの5つ星ホテルより全然素晴らしい!(当たり前か)

image1

空港からはシャトルバスで20分〜30分程度かかるが、その間にドーハの急激に変わりつつある町並みが見れましたし、送迎付きなので問題はありません。

部屋も1人にはもったいなすぎるほど豪華で、足も伸ばせるお風呂と、贅沢だらけのホテルで、さすがカタール航空だ、と思わざるをえませんでした。

BATH HOTEL HOTEL2BUILDING

夕食はバイキングにて、貧乏旅行者らしく3回位おかわりをし、ウェイターの人のお皿を交換してもらうタイミングを奪い、モリモリといただきました。

翌日は5時半にはお迎えのシャトルバスが来るとのことでしたので、モーニングコールがある前には部屋を完璧な状態にして帰路につきました。

広告

コメントする

カテゴリー: Travels

更新記事について

最近毎日10数件のフリヒリアナマニアの方々がブログを訪問してきてくれますが、現在セビーリャ記事を書いている最中です。

ただし、もう書き始めてから数ヶ月が過ぎようとしてますし、訪問してからも1年以上経っています。
そしてまだ3行くらいしか書いてない。

これからも頑張って書けるようにいたします。あしからず。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

アンダルシアの白い村 フリヒリアナ

画像

スペイン、アンダルシア地方、地中海を背にした丘の上に、フリヒリアナ(Frigiliana)という美しい村(街)があります。かつて「スペインで最も美しい村」に選ばれたことのあるこの村は、アンダルシア地方に多い白い村の1つです。

※ご興味を持った方は、英語サイトですが、こちらもご参照を。Frigiliana Spain(ディスカバーネルハ)

メインストリートを中心に前後左右全ての家々が白く、窓際もオシャレに飾れていて、村全体が絵画のような村です。そんな場所に行ったのは、2013年の2月20日、冬でも暑い日差しが照りつけるアンダルシアの地中海に面した地域、非常に心地よい場所でした。

画像

アクセスは地中海の街ネルハ(Nerja)からバスで15分ほど(片道1€)、平日は9便、土曜は7便、日・祝は運休となっています。歩いても30分くらいなので、最悪歩けなくはない距離でしょう。画像

ネルハからの詳しい時刻表は上部写真。SALIDASってのは出発って意味だと思うので、それぞれフリヒリアナ、ネルハからの出発時刻がわかります。(※2013年2月現在)

また、ネルハまでのアクセスは、グラナダやマラガからあり、悪くありません。Alsa社(スペインのバス会社)のバスを利用します。マラガからは1時間〜1時間半で1時間おきにバスが来ていて、約5€、グラナダからは約2時間で1日6〜7便で、約10€。

私はマラガからネルハに向かい、お昼前にはネルハに着き、すぐにバスを乗り継ぎフリヒリアナへのバスに乗りました。マラガからネルハへ行く道は、地中海側をずっと行くので、気持ちのいいスカッとした景色が見えます。以下マラガからネルハまでの道のり。

画像

ネルハからフリヒリアナへはバスで少し戻って坂を上がっていくので、ネルハのバス停から道を横切ったところにあるバス停で待ちます。ネルハとフリヒリアナ間のバスはAlsa社のバスではないので、料金はバスに乗るときに支払うシステムです。

画像

向こう側がマラガから来るバス。手前側がフリヒリアナへのバス停、すでに沢山の外国人が。ちなみに日本人っぽい人はいませんでした。

フリヒリアナの見どころというのは、やはり日本ではまだ知名度が低く(地球の歩き方でも1ページしか記載がない)、また村も観光地化されているというわけでもなく、非常にゆったりしていて町並みが自然なのです。村は非常に小さく、2時間もあればー自分は1時間程度でー全てが回れてしまうほど小さいですが、行ってみる価値のある村です。白い村という意味ではフエンヒローラから近いミハスが有名ですが、マイナーな方を選ぶならフリヒリアナへ行くことをおすすめします。ただ、日本の観光ツアーでルートに組み入れられることはまずないし、個人で行くしかないという点がやっかいかもしれない。ただ、グラナダから日帰りで行くことができるので、機会があれば行くことがで行くことができるでしょう。
(→2014年1月5日編集:最近のHISのスペインアンダルシア9日間の旅など比較的長期のツアーの日程にフリヒリアナが入っているのを発見しました。今年辺りからツアーでも日本人観光客が足を運ぶことが多くなるのかもしれません。)

では、私がなぜこのようなマイナーな場所に訪れることになったのか、少し説明します。私は2013年2月スペイン南部を2週間かけて回っていたのですが、元々ここフリヒリアナか、上記のミハスでどちらに行くか悩んでいました。ただ、グラナダからマラガに行き、時刻表が合ったのと、どうせなら全くわけのわからないところ(情報が少ない場所)に行こうということになり、フリヒリアナを選びました。また、グラナダで会った日本人の女の子も私が行った2日前くらいに訪れて、なかなかいいということを聞いていたので、さらに天気も後押しして、マラガからの小旅行を達成したということです。

ただフリヒリアナへ行くことに対する不安としてあったのは、情報量の少なさです。細かい時刻表など、あまりネットで発見できなかったので、英語のサイトを駆使するなどして、不安な日程をこなすことができました。とは言っても、実際言ってみたら、なんにも迷うことはなかったし、バスに乗り遅れることもせず、さらには韓国人の女の子たちと一緒に回ったりするほど余裕もありました。

そのような形で、旅なんて行き当たりばったりでなんとかなるだろうということを体現したわけなので、これからの旅でもどんどんマイナーなところへ足を踏み入れていきたいと思うようになりました。

さて、現地の情報に戻りましょう。

画像

画像画像

画像

スペインなので、もちろん教会もあります。

この村を一番上からみるとこんな感じ。→Frigiliana in Spain

そこには、カフェテラスがあり、眺めを見ながら一服することもできる。

画像

さて、下りましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

この前にいる女性、その時たまたま会った日本人女性です。マラガ、ネルハ、フリヒリアナで唯一お会いした日本人で、ロンドン在住らしかったので、もうお会いできることもないでしょう。このポストを見たらご一報を(笑)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

本当に崖の上にあるんです!Exif_JPEG_PICTURE

ここにもサッカー場(実際にはフットサル場くらいの大きさですが)があり、スペインらしさは感じられます。でもフェンスからボールが飛んじゃうことがしょっちゅうかと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

自動車はこのように駐車されています。縦列駐車は日本ではなかなかありませんが、ヨーロッパでは街中縦列駐車です。
Exif_JPEG_PICTURE

馬の放し飼いしてました。Exif_JPEG_PICTURE

荷物持ちの馬(ロバ?)と猫Exif_JPEG_PICTURE

道はモザイク模様の石畳となっており、滑りやすくなっている?
IMG_2430

ここは病院だったか、教会だったか…。Exif_JPEG_PICTURE随時観光ツアーバスは来ているようです。私は個人で行ったので、無関係。

IMG_2451さっきの馬(ロバ?)が列車に繋がれている。こういう列車みたいのは、観光地っぽくなってますが。

IMG_2446

こんな三日月な感じのオブジェも。IMG_2449

下から村を見るとこんな感じ。天気がよく、非常に眺めが良かったです。またいたるところにカフェがあり、昼間から現地人はビールを飲んで過ごしていました。住民なのか、観光客なのかは判断できませんが、ここに住んでいる人たちはどんな仕事をしているのか気になります。歴史的にはムーア人の祖先で、グラナダなどイスラム圏に住んでいた人たちがキリスト教に改宗を余儀なくされ反乱を起こした土地だそうです。しかし、結局はキリスト教に改宗せざるをえなかったのでしょうか、そういった歴史を訴えるタイル絵などもありました。

Exif_JPEG_PICTURE

これもその中の1つなのかは、スペイン語がわからず、ギブアップしました。

また、午後2時過ぎには観光を終えてしまったので、ついでにネルハも観光していました。こちらも小さな街ですので、1時間〜3時間あれば回れます。ここではBALCON DE EUROPAという、ヨーロッパバルコニーがあります。

地中海が見渡せるこの場所は、落ち着くには最高の場所でした。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

本当に天気がよく、気持ちがよかったです。地中海が目の前にパーッと広がる光景です。
Exif_JPEG_PICTURE

このバルコニー風広場の設計者なのか、この街の偉人なのかは確かではありませんが、かっこいい紳士もいました。
Exif_JPEG_PICTURE

波が強そうですが、夏には泳げそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

ネルハの街はこんな感じ。カフェやおみやげ屋さんなど結構あり、盛り上がっていました。こんな街で生活してみたいですね!

 

11件のコメント

カテゴリー: Introductions

JSA(共同警備区域)を訪れて

昨年の11月に私が訪れた大韓民国(以下、韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の軍事境界線(いわるゆ38度線)のことについて書こうと思う。

私がなぜそのようなところに行こうかと決意したかというと、2012年にニュージーランドで多くの韓国人の友人ができ、徴兵制のことや北朝鮮との関係のこと、そして日韓、日朝関係について色々と話したことがきっかけになったのだと思う。

私は、徴兵制など馬鹿げている、大学生活や10代20代の貴重な2年間を軍の中で過ごさなければならないなんて不利益にしかならないと強く主張していたが、もちろん彼ら韓国人だって当然同じことを思っているし、軍での訓練などしたくないと反論する。しかし、そこで重要なことは、韓国と北朝鮮の戦争はまだ終わっていないということだ。

韓国と北朝鮮のこの軍事境界線(Military Demarcation Line:MDL)は朝鮮戦争後の1953年に休戦協定にて決められた境界線である。休戦協定であるので、このラインは”両国が実効支配をしているという境界線であり、国境線ではない”という認識である。両国にとっての国境線とは、朝鮮半島全域及びその島嶼部であり、互いに重複している。

軍事境界線からは南北に幅2km、つまり4kmの範囲で非武装中立地帯(Demilitarized Zone:DMZ)が設定されていて、これがいわば北緯38度線と言われる境界線である。朝鮮戦争以前の話や、朝鮮戦争当時のやり取りに関してはここでは省略するが(書店やGoogle先生参照)、戦中に韓国側は一時かなり押し込まれ、ソウルが陥落するほどであった。しかし、アメリカ合衆国が多国籍軍を投入し、なんとか38度線まで盛り返した形となっている。

画像

そして、私が訪れたのは、その4kmの幅の範囲内にある場所であり、南北が実務協議を行う場である共同警備区域(Joint Security Area:JSA)、いわゆる板門店である。ここだけは例外的に非武装地帯を共同で警備する場として制定され、以前には南北の兵士が自由に行き来できる場所であった。しかし、2度の銃撃戦があり、現在ではこの区域の中であっても境界線が引かれている。しかし、先ほど述べた実務協議をする場としての軍事停戦委員会本会議場はその境界線上に建てられ、我々一般人でもツアーのみで行くことができる。(国籍により参加できるかが決まる。北朝鮮側から参加できる国籍もある。)

中は以下のようになっている。画像

私は日本人であり、韓国側からのツアーで参加したので、この時間帯は協議場の中には国連軍(韓国軍と米軍)の軍人がこのように立っている。この場は現在南北朝鮮両方から見学できるようになっているため、1時間毎など、時間が決められ、韓国側からのツアー客、北朝鮮側からのツアー客が交互に入ることができるようになっている。

この韓国の軍人のように、この地にいる軍人は全員サングラスをかけている。それは下手に目線を相手に向け、ニヤついたり、睨めつけたりして相手を挑発するような行動を取れば、それが相手の攻撃するきっかけとなり、銃撃戦まで発展する恐れがあるからであり、軍人は常にサングラスをかけ、さらに微動だにしないほど動かない。画像

外から軍事境界線を眺めるとこのような感じとなる。この左の水色の建物がその軍事停戦委員会本会議場であり、境界線上に建物があることがわかる。写真中央の灰色と黄土色の間にコンクリートの段差が、ここでの境界線となっている。

そして、3人の軍人が常に北朝鮮側を向き、監視している。3人ともサングラスをかけていて、もちろん全く動かない。この”動かない”という動作はテコンドーの基本動作で、3-4時間交代で監視を続けている。両サイドの2人は建物に半分身を隠しているのもわかるだろう。また、北朝鮮側を見ると、建物の柱の影に1人だけ監視役がいるのもわかるだろうか。それは北朝鮮側の監視係の軍人で、我々のような観光客が来て写真を撮っていると、柱に隠れてしまうように感じた。以下、拡大して撮った写真である。しかし、そこには1人しか見えなくてもあの建物の中には何十人という軍人が常に待機していて、何かあるにつけ常時対応できるようにしているらしい。画像

また、この施設の周りにも何戸も監視棟があり、常にモニターなどで監視し合っている。ここを去るときには次に議場に入るのを待っていた北朝鮮人観光客を見ることもできた。もちろん北朝鮮人の知り合いなどいないので、初めての出来事でもあった。

次はまた議場の中へ戻る。下は議場の中から撮った境界線の写真である。左が北朝鮮側なので、建物の中ではすでに北朝鮮に空間的に入っていることになる。画像

画像

この扉を開けると北朝鮮へ行ける。この軍人より位置的に後ろに行こうとするとすかさず制止される。

さて、このJSAの軍人のことについて述べておくと、ここの環境下での任務は非常にストレスのかかることかもしれない。そして様々なことが起こりうるこの区域において、ここで働く軍人には一定の要素(スペック)が必要なのだという。それは、(1)家柄がいいこと(2)背が高いこと(3)ハンサムであること といった要件があるらしい。というのも、軍人の亡命を防ぐためであるからである。ここで、なぜ貧しい北朝鮮へ亡命することが考えられるのかと疑問に思う人がいるかもしれない。しかし、色々と情報を持っている韓国軍側、そしてアメリカ合衆国側の軍人が北朝鮮へ渡れば、向こうで破格の待遇で迎えられるという背景があるからである。これは真実かどうかは定かではないが、ただツアーガイドが言っていた(!)としておこう。ちなみに、この共同区域で我々観光客が走ったりすることは禁止である。それは亡命しようと見なされるからであり、即座に撃たれてしまう(!)また北朝鮮側へ向けてピースしたり指を指したりすることも、挑発行為と見なされるので禁止である。こういった様々な規則がある中で、初めて訪れることができる地なのである。

画像

右上の白い小さな展望台のような建物が北朝鮮側の監視棟である。

この区域に行った印象をまず挙げるなら、”殺伐としている”、”ここは未だに戦時中である”という認識をはっきりと感じることができる点にある。日本で平凡に生きている中では絶対に味わえないような緊張感が常に漂っていて、それだけでも行った価値があったと感じている。まだ11月の半ばというのに、気温も0℃近く、北朝鮮の気候の厳しさも感じられたのかもしれない。”常にない平和”、”糸が張り詰めた感覚”そういったものを感じる場としてこの軍事境界線は今も存在し、休戦状態にある南北朝鮮の均衡を維持している。

画像

ここは、そのJSAからバスで2分少々のところにある、「帰らざる橋」と呼ばれている橋である。1953年の朝鮮戦争後に南北で捕虜交換が行われた場所である。戦後、捕虜には南北どちらかを選ぶ権利が与えられ、一度行ってしまうと二度と帰って来れないということで、その名がついた。この橋のすぐ向こうが北朝鮮である。

また、この端の近くには、ポプラ事件の祈念碑もある。ポプラ事件とは、1976年に、この共同警備区域内に大きくなり、監視の邪魔となっていたポプラの木の枝を切り落とそうとしたアメリカの軍人が北朝鮮側の軍人に射殺され、第2次朝鮮戦争の引き金になりかねない事件のことである。画像

なお、このJSAの見学は決められたツアーのみでしか参加することができず、いくつかの旅行会社が請け負っている。その他にもDMZ(第3トンネルの見学など)に行くツアーや両方に行くツアーもある。次は第3トンネルにも足を運びたいと思う。画像

ちなみに、この地一体は板門店という名でよく知られているが、村の名前であり、元々はお店の名前であることは有名である。またこのツアーに参加するには、どんなことがあっても責任を負わないといったような書類にサインをしなければならない。画像

ソウルに訪れる機会があるならば、ぜひ訪れて欲しい場所であるし、今自分の見ている世界は決してその片面に過ぎないと感じれるかもしれない。あの殺伐とした雰囲気を味わい、現に戦時下にあるのだと少しでも感じることができた後、私は易易とは韓国人の友人たちに徴兵制なんてやめてしまえとも言えなくなってしまったし、より深く考え、どうしたら両国の問題を平和的に解決できるかを考えなくてはならないとも思ったくらいである。北朝鮮の軍人は110万人を越していて、韓国の2倍程度である。数の上では圧倒的に不利な韓国側は、もちろん軍事的な手段は望んでいないし、そんな解決法は全世界の誰も望んでいない。

さて、現代に生きる私たちにその解決法が見出せるだろうか? 国を問わず、良識な隣国の一員として、そういったことをこれからの課題にしていくのも悪くはないだろう。

コメントする

カテゴリー: Introductions

Coming on the date of the Presidential Election

This article below shows that the date of the Presidential Election is coming on nine days later, and the two candidates’ battles have got heated, now they focus on not only competitive states to go around but also the states which they’ve already got high-support ratio because especially for Obama, on the last Presidential Election, he got high-support ratio from Ohio but this state hadn’t supported him at first time before the campaign in 2008, so if he ignored this state they wouldn’t support him and they might vote Romney.

In Final Days of the Race, Fighting County by County

Therefore Obama and Romney now are fighting each other and I really expect Obama win the election because if he win this election many American people are able to have a dream, his speech always make us encourage! And I always use his English speech as English textbook.

コメントする

カテゴリー: News/Opinion

How to speak English

Do you have any idea that how to speak English?

I always think about it and try to do many kind of practicing, sometimes I read some articles loudly, speak with TV news like BBC and CNN alone, go to a local English conversation club, speak with my foreign friends, chat with them, and just study in my home.

Usually it’s boring and lonely and I don’t feel studying in my home and recently I found a article on internet, actually my friends from Spain taught me about it.

How to speak English/English as 2nd Language

According to this article, there are ten steps to practice to speak English, so now I’ll introduce just a Topic. If you want to know its details try to check this site.

Firstly, Time required: From six months to three years

Next How:

1.Discover which type of English learner you are
This means if you want to be like a native speaker, it’ll take many years to be.

2.Understand your goals
It’s also important because it means when and where you use English, is it for your job or just to use when going overseas for sightseeing? And How much times will you practice English?

3.Find out yous level
It’s just checking your English levels so you should go to this site and try to solve some questions.

4.Decide on your strategy
This means whether you have some friends who speak English together or you will study alone and so on, and if you have enough money to take a English class somewhere it might be better for you if you want.

5.Put together a plan for learning grammar

6.Put together a plan for learning speaking skills

7.Put together a plan for learning vocabulary

8.Put together a plan for learning reading/writing

9.Put together a plan for learning pronunciation
Above these five questions, these are introductions that how to study English. You don’t need much time to study everyday, you only need just 30 minutes a day it suggests.

10.Create opportunities to speak English
The best way to be able to speak English is of course you use English as often as possible so you should seek the opportunities to use it, and it says that only 30 minutes speaking a day is helping your improvement of your English skill.

Anyway the most important thing I want to tell you is to use English everyday and do it as washing your teeth. For me I try to use it and I’m struggling with it so let’s try together!

コメントする

カテゴリー: Introductions

One of the examples to show Japanese custom

Have you ever been abroad? I think almost all the people have been overseas.

Do you have foreign friends who especially are interested in Japanese culture.

They want to know about Japan and you might think their questions are sometimes hard to answer.

I show this site which shows the meaning of a Bow which is supposed to be fun  even for Japanese!

WHAT ARE THE MEANINGS HIDDEN IN THE JAPANESE CUSTOM OF BOWING?

In Japan, people greet each other by bowing. A bow ranges from a small nod of the head to a long, 90 degree bend at the waist. Bowing is considered extremely important in Japan, so much so that, although children normally begin learning how to bow from a very young age, companies commonly provide training to their employees in how to execute bows correctly.

Let’s check the next in this site!

コメントする

カテゴリー: Introductions